メール配信は、一斉配信とセグメント配信の2つが大まかな方法ですよね。それぞれの特徴を活かし、上手に使い分けることが重要です。ここでは、2つの配信方法をより効率的、そしてより効果的に活用する方法をご紹介します。

一斉配信

不特定多数の人達に、瞬時に情報を提供できるのが一斉配信の特徴ですが、メールの開封率が低い傾向にあるのが悩ましい点です。しかし、工夫次第で開封率を高めることが出来ます。その方法をお伝えしますので是非参考にして下さい。

やってみよう!HTMLメール

視覚に訴えかけるHTMLメールは、テキストのみのメールよりユーザーの興味をひきやすいといわれています。ぱっと見ただけでもある程度内容を把握することができる、重要なポイントを簡単に強調できるなど、様… Continue Reading

BCC送信は控えよう!

メールの宛先にはTO・CC・BCCの3種類があります。TOは1人から複数人でも送信できる直接やり取りする方法で、CC(カーボンコピー)は同内容のメールをグループなどで共有する方法です。BCC(ブラ… Continue Reading

セグメント配信

セグメント配信を上手に利用すれば、メールの開封率を高めて、情報が必要な人にタイミング良く提供できるようになります。どのようにすれば、いかに効率よく適切にメール配信出来るのか、その具体的な活用方法をご紹介します。

見直しを怠るな!セグメンテーション

セグメント配信をおこなう場合に見直しを怠ってはいけないのが、セグメンテーションです。セグメンテーションとは、顧客をその特性によって、特定のセグメントに分類することすが、効果的なメールマーケティング… Continue Reading

つかもう!顧客の特徴

セグメント配信は配信はリストから対象となる顧客を絞り込んでメールを送信するマーケティング方法の一つです。とはいえ、セグメント配信はだた送れば良いというわけではありません。より高い効果を得ようと考え… Continue Reading

顧客のリストをグループ分けしよう!

メール配信をおこなう場合には、顧客のリストをグループ分けしてから配信したほうが、効率的なマーケティングができます。それぞれのグループに合った内容のメールを配信することで、メールの配信に対する顧客の… Continue Reading

SMSをうまく利用しよう!

メールではなくSMSも使える

宣伝のために一斉送信サービスを利用しようとしている方は、メールで行ってくれる業者を探しているかもしれません。しかし、メール以外にもSMSで一斉送信を行ってくれる業者もあるので、そちらに頼むことも考えましょう。SMSというのはショートメッセージサービスのことで、携帯の電話番号を利用してメッセージを送ります。つまり、電話番号の情報があれば、メールアドレスが分からなくても利用ができるので、より多くの方に宣伝をしたいのなら活用を考えましょう。また、SMSにしかないメリットもあるので、メールのみでの宣伝に限界を感じている方にもおすすめします。どちらか片方のみでしか宣伝をしてはいけないという決まりはないので、宣伝効果を上げたいのなら併用も考えましょう。

SMSでの宣伝のメリット

SMSを一斉送信に利用する最大のメリットは、連絡先が変わることがほとんどないことです。電話番号をコロコロ変える人はほぼいないでしょうから、一度情報を得てしまえば、ずっと宣伝に利用できるようになります。さらに、メールよりもブロック機能が弱いため、迷惑な宣伝だと判断されてしまい、システムではじかれてしまう心配も少なくなります。宣伝をしても届かないのでは意味がないので、相手にきちんと届きやすいというのは大きなメリットだといえるでしょう。 ちなみにSMSは短いメッセージしか送れないので、宣伝には向かないと考える方もいるはずです。確かに昔は短いメッセージのみでしたが、現在では使用が変わって長めのものも送れるようになっています。宣伝に使うには十分な長さなので、安心してSMSを活用しましょう。