BCC送信とは何なのか?

メールの宛先にはTO・CC・BCCの3種類があります。TOは1人から複数人でも送信できる直接やり取りする方法で、CC(カーボンコピー)は同内容のメールをグループなどで共有する方法です。BCC(ブラインドカーボンコピー)はCCと似ていますが、CCと違って送信した相手を宛先の人に知られずに送ることが出来るというものです。一斉メール送信においてはCCとBCCが使われることが多いですが、受信者に他の送信先アドレスを見られたくない場合など状況に応じて使い分けをするというのが一般的です。しかし、最近ではメールの一斉送信においてBCC送信を使用しないほうが良いということが言われるようになってきており、BCC送信を避ける傾向になってきているのです。

BCC送信を避けたほうが良い理由

BCC送信を避けたほうがいい理由としては、まずは情報漏洩してしまいやすいということです。BCC送信は一般的なメーラーに付いている機能で非常に手軽に利用することが出来ますが、TOやCCに設定してメールを送信してしまうというミスが非常に起きやすく簡単に情報漏洩してしまうのです。また、BCCを使用して大量の宛先にメールを送ってしまうと、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。ブラックリストとは、受けてのキャリア側が迷惑メール送信業者と判断することで、最悪の場合迷惑メールフォルダにも届かず完全にメールが届かなくなってしまうのです。そうなるとBCC送信だけではなく、通常のメールも届かなくなってしまうので非常に不便なことになってしまいます。