情報収集とデータベース化

セグメント配信は配信はリストから対象となる顧客を絞り込んでメールを送信するマーケティング方法の一つです。とはいえ、セグメント配信はだた送れば良いというわけではありません。より高い効果を得ようと考えるのであれば、事前の情報収集を綿密に行うことが大切です。主な情報収集方法は、セミナーや展示会に参加している人のリストの確認、営業で交換をした名刺のチェックなどがあります。十分な情報を集められたら次はデータベース化をして、見込み客を段階分けする作業です。商品に対する購買意欲は顧客によって大きく異なります。 まだ商品を認知した程度の人に積極的にアプローチをしてもそれほど高い費用対効果は得られません。逆にその時点で求めている人を後回しにしてしまうとビジネスのチャンスを逃してしまいます。段階分け作業はこうした顧客への対応の重要性を正確に知るために必要となります。

顧客の獲得に繋がるセグメントの分け方

一口に顧客の分類と言ってもやり方によって期待できる効果はそれぞれ違います。いくつかある分け方の中でも、比較的多く利用されるのが属性別の分類です。属性別とは業界や業種、従業員数といった会社の情報で区別をするやり方になります。同じ業界、既定の従業員数などカテゴリーに分けることで最適な情報を効率良く発信できるのが特徴です。属性別と並んで効率の良い集客方法が行動別の分類です。ここで挙げる行動とは、配信されたメールの確認をしているか否かといった点になります。 どんなに有益な情報を掲載していても、確認してもらえなければ意味がありません。情報過多の時代において、不要な情報は迷惑と判断されてしまうこともあります。無駄を省いて集客するためには、確認頻頻度の低い人を除外してピンポイントに狙いを定めることが大切です。