セグメント配信におけるセグメンテーションの重要性

セグメント配信をおこなう場合に見直しを怠ってはいけないのが、セグメンテーションです。セグメンテーションとは、顧客をその特性によって、特定のセグメントに分類することすが、効果的なメールマーケティングをするためには、このセグメンテーションの正確性が特に重要になります。セグメンテーションの方法が間違っていると、せっかくセグメントごとに別のメールを配信しても、配信の効果は薄れてしまうので、セグメンテーションの正確性には常に注意しておく必要があります。一度、セグメンテーションをおこなった顧客であっても、その後の状況により変化が生じている場合もあるので、その都度正しいセグメントに修正するのが効果的なマーケティングの方法です。

定期的におこなう必要があるセグメンテーションの見直し

継続的にセグメンテーションの見直しをする必要があるのは、顧客の年齢に関するデータです。顧客の年齢は毎年変化しているので、数年前に20代のセグメントに属していた顧客が、30代になっているようなことはよくあることです。全ての顧客に対して、定期的な見直しが必要になります。商品を販売しているサイトならば、顧客の購入商品の変化も、セグメントを決定するうえで重要な意味があります。特定の種類の商品を購入していた顧客が、別の種類の商品を購入するようになった場合、セグメントの分類も変化させなければいけない場合があります。商品の購入量もセグメントが変化しやすい事項で、購入量が少ないセグメントに分類していた顧客の購入量が増加した場合には、セグメンテーションの見直しが改めて必要です。