グループ分けをするメリット

メール配信をおこなう場合には、顧客のリストをグループ分けしてから配信したほうが、効率的なマーケティングができます。それぞれのグループに合った内容のメールを配信することで、メールの配信に対する顧客の反応を変化させることが可能です。男性と女性のグループに分けるのも、基本的なグループ分けの方法一つですが、男性向けのメールと女性向けのメールの内容を変化させることで、それぞれのグループに特化した商品やサービスの宣伝ができます。生活用品を販売している企業ならば、女性によく購入される商品をメールで紹介することで、女性に関心を持ってもらいやすい内容のメールを配信できます。メールに使用するデザインなども、グループによってそれぞれ分けたほうが最適です。

年齢や住所などによるグループ分け

顧客をグループ分けする場合には、顧客の年齢によってグループ分けをすることもできます。幅広い年代の顧客に利用されているショッピングサイトなどは特に、顧客を年齢別にグループ分けすることのメリットがあります。販売している商品の種類が多いサイトなども、年齢による顧客のグループ分けはメリットがあり、年齢によって人気がある商品に違いがある場合でも、メールを使用して効果的にマーケティングができます。 そのほかに、住んでいる地域や職業などによってもグループ分けは可能で、グループごとに最適なメールを送ることで、商品の売り上げを向上させるのに役立ちます。効果的にメールを送るためには、どのようなタイプの商品がどのような人に購入されているかを、あらかじめリサーチしておくことも必要です。